読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海は広いな〜

社畜NG学生が、考えたこと整理したいことを書く。

「スマホ依存の最終兵器アプリ」リリース!!

スマホ アプリ開発 Java Androidstudio プログラミング

 初めてアプリをリリースした。そのアプリはスマホ依存を克服するためのタイマーだ。その名は「継続ウォッチ」だ。(無料、広告無し)

 

 今までの依存対策系のアプリは他の全ての機能を無理やり制限するタイプのものばかりだった。このようなアプリは必要な権限が多く、怪しいものもあった。

 

 そこで私がつくったアプリは今までのアプリとは反対に制限しないものにした。その分、必要な権限もなくて安全だ。このアプリでは、継続時間を伸ばしたいという自分の意思のみでスマホの利用を制限する。

 

アプリの機能の説明

  •  このアプリの起動中のみタイムはカウントされる。
  • 一時停止ボタンはない。
  • このアプリから離れた場合、タイムの記録の終了、リセットされる。

 

 アプリの機能についてはこんな感じだ。このアプリでは記録を伸ばすためにはアプリから離れられない。こうすることでスマホでの他のアプリの使用を制限しているのだ。「スマホは手放せないけど、今は集中したい!」みたい時に最適である。スマホ依存に苦労している方!ぜひ試してみてください!

 

ダウンロードはこちらから↓

継続ウォッチ〜脱スマホ中毒〜 - Google Play の Android アプリ

 

他にもお試しでこんなのも出しました。こっちはお馬鹿アプリです。隠しコードがあります。探してみて下さい。

オラ無駄 - Google Play の Android アプリ

 

使ってみて不具合、要望等ありましたら、レビューまたはこのサイトにコメントしてください。希望に添える用頑張ります。最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

Androidアプリの公開方法2017年

Androidstudio アプリ開発 Java プログラミング

 先日、初めて自分のアプリをGoogleプレイストアに公開した。ネットに転がっている情報が古く、大変だったので2017年現在のやり方を紹介する。 (自分の環境…Androidstudio、Windows10&mac)

 

  • 簡単な流れ
  1. アイコンの変更Android Studio 開発【アプリアイコンの変更】 – ハコニワ デザイン
  2. アプリケーションid(パッケージ名)の変更←ここはこのサイトで説明
  3. 著名付きapkファイルの作成Android Studio で Google Play 公開用アプリを作成 | アプリ開発覚書
  4. アップロード[Android] アプリを Google Play に公開、Developer Console に登録する | アプリ開発

 

 簡単な流れはこんな感じだ。今回は2の「アプリケーションid(パッケージ名)の変更」のみ説明する。他の工程については他のサイトの情報で大丈夫だろう。(分かりやすいサイトのリンクを載せといた)もし、質問があればコメントして欲しい。

 

 では、さっそくアプリケーションid(以後アプid)について紹介していこう。端末内でのアプidはアプリの識別につかう。そのためAndroidstudioのデフォルトのままだと弾かれてしまう。

「com.example」は禁止されてるため、別のパッケージ名を使用する必要があります。

と出てしまう。これに対処するために変更する。

 

 アプidには基本的にドメインを使う。まず持っていない場合はそのドメインの代わりのものを取得する必要がある。持っている場合はこの工程は必要ない。

 

  パッケージ名登録/利用サービスについてにアクセスする。こちらのサイトの指示にしたがって作成する。これがおわったらAndroidstudioを使ってアプリの方を編集する。

 

 Androidstudioを開くと左側にファイルが並んでいる。その中のappを右クリックする。そこからOpen Module Settingsを選択。次にFlavorというタブをクリック。Application Idの欄に先ほど取得したパッケージ名をそのままを入力(自分のドメインを使う方はhello.jpだったら、jp.helloの形にして入力)。右下のokをクリック。 以上でアプidの変更は完了だ。

 

 できただろうか?もし、できなかったらコメントして欲しい。最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

↓は私が出したアプリです。良ければダウンロードしてみてください。

継続ウォッチ〜脱スマホ中毒〜 - Google Play の Android アプリ

オラ無駄 - Google Play の Android アプリ

 

FPSはやめた方が良い。そして私はFPSをやめる。

考え

 FPSをご存知だろうか?FPSとはゲームの中のプレイヤー視点で銃で打ち合ったり、戦場を走り回ったりするゲームだ。

 私はこのFPSゲームに1年ほど前からはまってしまった。最初は人を殺すなんて怖い。血が出まくるようなグロいものなんて無理だと思っていたが、やってみるとまったく違った感情を持った。スナイパーとして遠くから相手の兵士の頭を撃ち抜く。すると相手の兵士は一瞬で地面に人形のように倒れる。敵の兵士がたくさんいる所にグレネード(爆弾)を投げ入れる。すると、一度に何人ものキルをとれる。死んだプレイヤーは自分を殺したプレイヤーの事を見れる。殺した側のプレイヤーは嬉しそうに跳ねたり、颯爽と次の戦場へ向かったりする。

 こんなやりとりをしているうちに私ははまってしまった。ゲームをしていないときもあの興奮を忘れられない。こんな日々を一年間続けた結果、日常生活に支障がでてしまった。私は今、大きな目標がある。このままではマズイと思う。そこで、私は宣言する。「FPSを目標達成するまでやめる。」これまでも何度もやめようと思ったが無理だった。しかし、今回は違う。全世界に公開されているこの場で宣言したからには確実にこの目標を達成する。「考えがあまい。一生やめろ。」みたいな声が聞こえてきそうだが、とりあえずこの目標が達成できるまで頑張ろうと思う。

 最後に読者の方に言いたいことはFPSは依存性が高い。だから自分の時間を有意義に使いたいなら、生半可な気持ちで手を出さないで欲しい。

 

 最後まで読んで下さりありがとうございました。自分の時間を有意義なものに。

YouTubeをやめたい。

考え

 YouTubeは面白い。毎日、いろんなジャンルの動画がアップされる。自分もつい見てしまう。普段、プログラミングの学習をしようとしているのだが、気付いたらYouTubeをみている。YouTubeではゲーム実況動画を見ているのだが、これから得られるものはほとんどない。自分の限られた時間を有効に使うことを意識したい。

ググればいいのに。

考え

 調べない人たち

自分はよくYahoo!知恵袋で回答している。主にコンピューターテクノロジーの分野で回答している。そこには毎日「iPhone初心者です!〜どうすれば良いですか?」とか、「これってなんですか?」とか簡単な質問がたくさんある。これらは大抵Googleで調べればでてくる。質問文をそのままコピペして検索しても答えはみつけられる。それなのに、なぜこの人たちはググれないのか。Yahoo!知恵袋で質問するよりこっちの方が簡単なのに。不思議でならない。私は彼らに言いたい。

 

自分で調べて下さい。

 

 回答する側も1から説明するのは大変である。基本的なことは誰かがブログかなんかで、分かりやすくまとめてくれている。そっちを見た方が効率的だ。基本的な知識をもった上で質問してくれれば、こっちもより重要なこと、個人の状況に寄り添った回答ができる。

 

まとめ

 人に質問する前には自分のできるところまで調べて下さい。そうすれば質問者にとっても良いし、回答者にとっても良い。これはYahoo!知恵袋の利用に限った話ではないと思う。自分も日常生活ではこういうことがあるかもしれないから気をつけたいと思う。

 

以上です。この記事に意見ある方はコメント残してくれると嬉しいです。最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

死ぬために生きる。生きる意味とは。

考え

 矛盾した欲求

人間はいつか死ぬ。死ぬのは怖いと思う。死にたくないと思う。もしも人が死ななくなったら?それはまた別の恐怖が襲ってくるだろう。そうなると死にたいと思うかもしれない。つまり人間は死にたくないけど死にたいのだ。矛盾していることを言っているようだが、死にたくないけど死にたいのだ。

なぜ生きるのか

 これは人間はなんで生きるかの問いにも繋がってくると思う。生きるということは自分の死に場所を探すことだと思う。戦争で亡くなられた方々がいる。今の価値観で考えたら確実にこのような方々は残念な思いを持って亡くなったとされる。しかしそんな彼らは実は幸せだったかもしれない。戦時中は天皇のために死ぬのはことが素晴らしいこと、名誉なことだと信じられていた。それを信じた彼らはそこに死に場所を見つけたかもしれない。自分を確実に満足させて、死ぬことができたのかもしれない。もしこれができたのであれば、人間の矛盾した欲求である死にたくないけど死にたいというものを果たせたのだ。

なぜ戦争に向かうのか

 なぜ人類は戦争をやめられないのか。これもあの矛盾した欲求に起因すると思う。戦争は少数の権力者によって始められることがしばしばある。なぜその他大勢の民衆は戦争を止められないのか。戦場に向かうのはその他大勢の民衆である。戦争によって自分を納得させながら死ねるという矛盾した欲求を満たせるという淡い期待があるから、人は戦争に向かうのかもしれない。 

まとめ

 人間は矛盾した欲求と共に生きている。人間は死に場所を求めている。だから今やるべきことは、今できること、今やりたいことを一生懸命やって、自分を満足させることだ。そうすれば最後にもう死んでも良いと思う時がくるかもしれない。そう、そこが人間の境地。人間はその瞬間のために生きているのだ。

 

これは今の時点の私個人の考えです。明日には変わっているかもしれません。この考えに反論、意見等ありましたらコメント等してください。

なんのやる気もわかん。

考え

 とりあえずなんか始めればいいということはわかっているけど、始められない。今もこうしてブログを書いてしまっている。今、やるべきことをやらないと追い込まれることは分かっている。どんどん追い込まれているのを自覚しているつもりでいるけど、始められない。集中できない。そんな自分にイライラする。とりあえずなんかしないと。部屋が汚い。汚い部屋だと何もやる気がでないのかもしれない。掃除しよう。それから考えよう。